WORKS 仕事を知る

8つの工場設備を保有し、関東を中心に広く産廃を収集、
そして埼玉県で最大級の処理能力を持つ我が城─。
シタラ興産最大の特徴である工場設備の紹介、それを緻密に管理する各部署を紹介。

Occupation

運営部

廃棄物の処理、収集運搬などを行う各現場の作業・管理を行います。
全社員の約半数が運営部に属しており、管理担当は本社で勤務し、実作業を行う担当者は各施設に配属されます。

技術管理部

自社車両・重機の点検整備、廃棄物中間処理施設(破砕機、ベルトコンベアー等)の点検及び保全、運搬用コンテナ等の製造・修理を行います。

技術開発部

廃棄物処理の許認可取得・更新や、新技術の開発、導入に向けた取り組みを行います。

営業部

既存顧客の管理および新規顧客の獲得に向けた営業活動を行います。

管理部

社内組織のハブ機能を担い、各案件・課題にタイムリーかつ効果的・効率的に対応できる組織運営を行っています。部内には総務、人事労務、経理、マニフェスト管理の4課を有しています。

財務部

長期・短期資金計画の企画・立案に関する業務や、決算方針の立案に関する業務に加え、資金調達・予算管理・金融機関との交渉等、今後の会社のためのお金の管理を行っています。

経営サポート部

株主総会、取締役会に関する業務や、組織計画および業務運営に関する業務等をおこなっています。

Facility

株式会社シタラ興産本社

株式会社シタラ興産本社 イメージ
  • ・2004年(平成16年)竣工
  • ・すべての工場、業務を管理する司令塔

Sol mechanic factory

Sol mechanic factory イメージ
  • ・2021年に稼働開始
  • ・運搬用コンテナ修理、製造
  • ・廃棄物用鉄箱、環境関連用品企画、制作
  • ・半自動溶接機、TIG溶接機、シャーリング、ベンダー等を完備し、あらゆる金属加工に対応している
  • ・ステッカープリンターなどでオリジナルのステッカー、看板など製造している

サンライズFUKAYA工場

サンライズFUKAYA工場 イメージ
  • ・2016年に稼働開始
  • ・フィンランド製の産廃自動選別ロボット「ゼンロボティクスリサイクラー(ZRR)」を国内で初めて導入
  • ・建築廃材を主に処理
  • ・1日あたり受け入れる量はトラックで150台から200台に及ぶ
  • ・処理量は合計で500~800t

サーマルリサイクル施設 レガリア(2026年竣工予定)

サーマルリサイクル施設 レガリア イメージ
  • ・日量230tの廃棄物を焼却処理し、処理した熱を発電に有効活用
  • ・周辺環境に配慮した施設内の排水、臭気を表に出さないクローズドシステムを採用

募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら

募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら 募集要項はこちら

シタラ興産の一員となり、
時代を斬り開く仲間を募集中
募集要項はこちらからどうぞ

いざ、出陣!